新宿区(新宿)|川口歯科診療所インプラントセンタ-新宿

川口歯科診療所 インプラントセンター新宿

診断について
diagnosis

一人ひとりの患者さまに合ったインプラント体を使用

患者さまのからだに合わせたインプラント体を使用

川口歯科診療所 インプラントセンター新宿

あごの骨の中に埋入するインプラント体(人工歯根)は、様々な種類があります。たとえば人工歯根とアタッチメント(人工歯を被せる接続部分)が一体になったもの、あるいは別々になったものなどがあり、それぞれに特長があります。またインプラント体の種類によっても術式が異なってきます。

どのインプラント体を使用するかは、歯科医師の判断により見解が異なります。しかし、ベストな治療を行うためには、お口の中の環境や、あごの骨の状態によって判断すべきではないのでしょうか?

当院では様々なタイプのインプラント体をご用意し、患者さまのあごの骨やお口の中の状態に合ったものを使用しています。

最新のCTを完備

3次元画像を用いて、正確な治療を

川口歯科診療所 インプラントセンター新宿

当院では、インプラント手術を安全に行うために、最新の歯科用CT装置(デジタルエックス線システム)を導入し、3次元画像を用いたインプラント診断・治療を行っております。

このCTシステムにより、DICOM(ACR(北米放射線学会)とNEMA(米国電機工業会)が制定した医療画像装置に関する国際標準規格)に準拠した画像撮影およびパソコンに転送したCTデータのシミュレーションを行います。
0.01mm単位までの寸分たがわぬ正確な診断を行うことができるので、結果として、あごや骨の状態が立体的に確認でき、治療の安全性が格段に高まります。

Nobelclinician™(ノーベルクリニシャン)

文章・写真はノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社のWEBサイトより引用

Nobelclinician™はインプラントの治療計画シミュレーションから埋入までの一連のインプラント治療をより安全で、正確にサポートするソフトウェアです。

補綴主導型の治療計画

患者様の解剖学的構造と補綴形態を組み合わせ、インプラント支台の補綴ソリューションを確実に実現させます。

川口歯科診療所 インプラントセンター新宿

 

常に全体像を見ながら治療計画を実施

骨量と骨質、重要な解剖学的構造、そして補綴形態といった様々な要因に基づき、適したインプラントの埋入位置とアバットメントのタイプを決定できます。

川口歯科診療所 インプラントセンター新宿

 

pagetop